TOP > 英会話スクール選びのポイント > 在籍講師を確認

在籍講師を確認

英会話の上達が早いと言われているマンツーマンレッスンですが、講師によって指導の仕方やレッスン内容はさまざま。ここでは、ネイティブ講師・日本人講師の特徴を紹介。自分に合う講師選びの参考にしてください。

英語講師

どっちを選ぶ?ネイティブ講師・日本人講師

【ネイティブ講師】
ネイティブ講師の魅力は、なんといっても発音がしっかりその国のものということです。英語圏であるアメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアなど、国によって若干なまりのようなものはありますが、本場の発音で喋るというのが強み。ネイティブの発音に触れることで、より実践的な会話力が身につきます。

TOEFLなどのリスニングテストで聞く英語は、ネイティブが話している音声なので、外国人講師によるレッスンを受けていると、自然と聞き取ることができるようになるといいます。
ちなみに英会話スクールには日本語が一切話せないネイティブ講師もいます。その場合、1から英語を学ぼうとしている初心者には向かないこともあるので、事前にホームページなどで在籍する講師の国籍を確認することが大切です。

【日本人講師】
日本人が英語講師を務めるには英検やTOEICで、ある一定のレベルにまで到達している必要があります。つまり、これから英語を学ぼうと思っている人たちが進む道を、日本人講師はすでに通ってきており、学習する上で楽しい面・つらい面・上達するコツなどを知っています。
そのため英語に関する悩みを相談でき、つまずいた時には自身の経験に基づいたアドバイスをしてくれることも。

そのほかにも「日本語でこう言うとき、英語ではどう言うのか」など、母国語を用いて教わることができるのは、日本人講師ならでは。何より、細かい意思の疎通ができるので、外国人講師よりも、安心してレッスンを受けられるかもしれません

1対1で行うマンツーマンレッスン。楽しく効率良く英語を学べるかどうかは教える講師がそのカギを握っています。公式サイトなどで在籍講師を確認できるので、あらかじめ調べておきましょう。
どちらが良くてどちらが悪いということはありませんが、やはり人間同士なので合う合わないがあります。特性を知り、自分に合った講師を選ぶことが上達への近道です。